手作り弁当で自分の食べたものを把握する

こんにちは。
女性の身体づくりをご提案、
Enn金子香織です。

昨日の雨は、恵みの雨と感じたのは私だけでしょうか?
連日の暑さの中、乾いた空気や土地を潤わすかのように
心地良い雨が降りましたね


結構好きです。


さて、サロンでの仕事の際は、出来るだけお弁当を持ってでるように心掛けていますが、今朝作ったお弁当はこちら!

 おべんと

・ご飯ゴマ昆布載せ
・スパゲティ(ハム、たまねぎ)
・卵焼き(小ネギ)
・いんげん豚肉巻
・生春巻き(ニンジン、ハム)
・金平ごぼう
・ブロッコリー


お弁当作りで心掛けていること
・出来る限り食材の種類を増やす
・ご飯、タンパク質、その他繊維質のあるものも使う
・野菜も単色にならないようにする

後は味でしょうか。
しょっぱいもの、辛いもの、苦いもの、甘いもの、酸っぱいもの

今日は入れませんでしたが、酸っぱいものは梅干しを入れることが多いです。
苦味はピーマンやこれからの時期はゴーヤなど。


あまり難しいことは考えすぎず、
あらゆる食材を使いながら、味も変えながら作っていくと、
様々な栄養素が補えます。


これからの時期、暑さのあまり、汗や体力の消耗と共にビタミン、ミネラルも欠乏してきます。
暑さで食欲が減る、という方もいらっしゃると思いますが、これからの時期は夏野菜をふんだんに使ってぜひバテない夏を迎えましょう





関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する