ONとOFF、切り替えられてますか?

こんにちは、Enn寺岡です


台風が近づいて来てますね

長岡も雨が強くなってきました。


さて、本日は久しぶりにレインドロップについて書きたいと思います。


レインドロップを受けられたお客様の多くが、『イライラしなくなった』、『不安感が少なくなり、気持ちが穏やかになった』、『夜ぐっすり眠れるようになった』と、おっしゃって下さいます。(詳しくは⇒お客様の声へ)


レインドロップトリートメントは、ブログでも何度かお伝えしているように、エッセンシャルオイルを背骨に沿ってポタポタと雨だれのように垂らしていく施術です。

『身体の中心である背骨には脊髄があります。脊髄には、神経・リンパ系・動脈・静脈など多くの重要な器官があり、そこへエッセンシャルオイルを垂らしていくことで、エッセンシャルオイルの成分が血流にのり、全身へ巡り心身のバランスを整えていきます。』



・・・・・・というようにレインドロップとは?にも、書きましたね。


ではなぜ、背骨(脊髄)にエッセンシャルオイルを垂らしていくことが『イライラ』『不安感』『熟睡』などにも効果があるのでしょうか?



それには、脊髄を出入りしている自律神経が大きく関わっています。


【自律神経】は、体の機能を調節している神経であり、自分の意志ではコントロールが出来ない機能を司っています。

例えば、血流や内臓の働き、発汗、栄養の吸収などがそうです。


さらに、自律神経には【交感神経】と【副交感神経】という反対の働きがあり、この2つがバランス良く働くことで健康状態が保たれます。


【交感神経】は、私たちが仕事やスポーツなど活動している時や、緊張している時、ストレスがある時などに優位になり、その時の私たちの体は、呼吸が浅くなり心拍数が増え、筋肉が固くなり、血管が収縮して血圧が上昇しており、活動するためのスイッチが入っている状態です。


反対に、【副交感神経】は、リラックスしている時や休んでいる時に優位になり、呼吸が深くなり心拍数も落ち着き、筋肉も緩み血管も弛緩しています。

さらに、新陳代謝も活発になり、栄養の吸収や老廃物の排出もスムーズになります。


つまり自律神経は、活動する時には交感神経、休む時には副交感神経への切り替えを自動でコントロールしてくれているのです。



ですが、眠る直前までスマホ・パソコンやテレビなどの強い光を見ていたり、心配事や強いストレス状態が続いていたりすると、自律神経のバランスが崩れ、ONとOFFの切り替えがスムーズに出来なくなり、私たちの身体に様々な不調があらわれるようになります。


交感神経が優位に立ちすぎていると、休みたいのに頭が冴えて眠れない・・・。

副交感神経が優位に立ちすぎていると、仕事で集中したい時でも、体も頭もぼ~としてしまう・・・など。


始めは見逃してしまいがちな小さなサインが、次第に頭痛、めまい、肩こり、背中の張り、冷え、胃の痛み、食欲不振、下痢・便秘、倦怠感などの肉体的な不調があらわれ、それに伴いイライラしたり、気分が落ち込んだりなどの精神的な不調も起きてくるのです。


ということは自律神経のバランスを整えると様々な肉体的不調が緩和され、おまけに精神的な不調にも嬉しい作用があるということになりますね



上記のお客様の精神的な変化や睡眠の質の変化は、施術により自律神経のバランスが整われてきたことも一因と思われます


レインドロップによって自律神経のバランスを整えることは、使用するエッセンシャルオイル独自の作用もありますが、香りによって感情(脳)が左右されることにも関係があります。(⇒香りと感情の関係は?


最近、しっかり休めてますか?

イライラしたり、落ち込んだりしていませんか?


心当たりのある方、100%ナチュラルなエッセンシャルオイルのパワーを体感してみてください



レインドロップトリートメントは、あなたの心身のバランスを整えるサポートをいたします

施術1


⇒レインドロップトリートメント価格、ご予約・お問い合わせはこちら



※全ての不調の原因が自律神経という意味ではありません。
※病気の治療・治癒を目的としたものではありません。
※効果には個人差があります。


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する