見た目の違い、理想の身体、現実の身体

GW真っただ中、ゆっくりお過ごしでしょうか?
本日も前回の記事の続きを。
 
→見た目の違い


それぞれの特徴、また現在の身体の状況により、「見た目」の違いが起きることを書きました。
それは、対他人と比較も出来ますが、対自分(現状)でも比較が可能です。


さて、『黄金比率』という言葉、聞いたことがある方多いと思います。

黄金比率とは、人が意識をしなくとも、「美しい」と感じてしまう法則のようなものなのですが、これは自然界の植物(有名なところで、巻貝の螺旋)、宇宙の果てまでも黄金比で成り立っていた、という事実もあるようです。


これらは人の身体(立体的な構造)比率としても応用が可能で、私たちが自然に「美しいわ!」と感じる身体のラインづくりが出来ます。


ところが「前提」として、私たちはそもそも持っている「骨格形状」に個体差がありますので、万人が100%黄金比になれる、というわけではないのですね。

26741071_m.jpg
**************
そこで恐縮ながら私の経験を。

上半身と下半身、それにウエストの比率をある測定器で計測すると、私の場合、ウエストが標準値より「大きい」と出たことがあります。むしろ毎回です(笑)
※ここでは筋の使い方の癖によるウエスト形状の太さは一旦無視します。


「痩せ型」体型である私の身体は、果たしてウエストが太いのでしょうか?
お腹が脂肪で大きく膨らんでいるわけでもありません。


答えは、ウエストが太いのではなく、上半身と下半身の大きさが小さ目だということです。
→これが個体差のある骨格形状の違い



このように自分の身体のサイズを数値化した場合、多くは現状の身体と理想の身体のサイズ観の違いから、ウエストのサイズを減らす、或いは痩せる選択をする場合があると思います。

それも一つの選択肢ですね。


ところが「現状の自分の身体」を把握していないと、理想ばかりが先行して「理想の身体」に翻弄されるケースがあります。
つまり、骨格の違いを理解せず、自分と違うタイプの骨格形状を持った人の身体になりたい、という願望に翻弄される、等...
このようなことが起きている方もおられます。



身体づくりの基本として、
今回は「骨格」という視点からお話をさせていただきましたが、
それに限らず「現在の自分の身体」を知っておく。

これはとても大切なことと思います。


つづく。


投稿:Enn金子香織
 
【News】
● 6月3日(土)13:30~14:30 美尻メイクレッスン @長岡Enn
  少人数限定特別レッスン・お尻がギュギュっと盛り上がります。
  お気軽のお越しください^^
  詳細、お申込先はこちらから
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

骨格ボディメイク BodyworkSalonEnn

Author:骨格ボディメイク BodyworkSalonEnn
骨格から身体のラインを整えるボディエクササイズ専門サロンEnnです!
年齢と共に女性は美しさを増していきます。そのお手伝いとして自律したボディメンテナスで美と健康を両立させるメソッドをご提供しています。
「美は健康あってこそ!私らしい生き方は美と健康の両立から!」そのような考えから、エクササイズで変えるスタイルづくりを目指す女性たちの応援をしています。

Designed by Dithis
Copyright© BodyworkSalonEnn 骨格ボディメイク術. all right reserved.