FC2ブログ

【腰痛】腰を安定させる方法

骨格ボディメイク BodyworkSalonEnn

40311807_m_20181212123334ab7.jpg

こんにちは。新潟・長岡市Enn金子香織です。

冬になると寒さで体がかじかんできますね(´・_・`)
筋肉も固くなってきますので、急激な動作で身体をいためないよう、動く前は、足踏みをしたり軽く下半身を動かすなどして、身体を温めておくといいですね。

ーー
今日は腰痛に対しての対応です。

当サロンではご存知の通り、「骨格を整える=歪みを改善する」という観点から筋肉の使い方や骨の位置を変化させるエクササイズをお伝えしています。

歪みがない身体=痛みのない身体

ということで、腰痛予防、改善にも効果を発揮しています。

ーー
腰痛の原因は
・内臓性からくるもの
→ご病気や内臓の一時的な機能低下から反射がおき、腰部に痛みを感じる

・筋肉の機能低下や骨格の歪み
→姿勢を制御するインナーマッスルの活動低下からアウターマッスルの過活動(使い過ぎ)によるコリ、骨格の継続的な歪みから腰への負担による痛み
→外傷からくる炎症などの痛み

・心理的要因からくるもの
→ストレス等心理的な状態から内臓機能低下、ホルモンや自律神経の乱れ、血行不良などからくる腰への痛み


などがありますが、普段から腰痛に悩まされているようでしたら、筋肉や骨格からアプローチを掛けてみるのも改善へと導いてくれます。
※ 心理的要因、内臓反射などから来るものは、原因自体を改善する必要がありますが、腰痛自体は一時的に緩和されること、また、コンディショニングとして継続的に行なうと腰痛は楽になるため行なってみることもおススメしています。
※ 外傷などで炎症がある場合は、炎症が引いてからコンディショニングを行ないましょう。
ーー

◆ 筋肉、骨格からアプローチをする腰痛改善


肋骨や股関節など、腰以外のところが固い方は、腰痛になりやすいことが考えられます。
腰は、肋骨や骨盤とは違い、腰椎という骨に筋肉での保護を必要としており、筋肉が弱いととても痛めやすく崩れやすい部位の1つです。

特に、腰の骨を支え、大きく崩れないように(ズレない)関節自体を制御している筋肉を使うことで、腰の痛み改善や予防に繋がります。


【 腰痛予防に対応する筋肉 】


当サロンに腰痛でお越しの方には口を酸っぱくしながらお伝えしているのですが(復習にどうぞ)、腰を安定(保護)させる主な筋肉群は、多裂筋、腹横筋、骨盤底筋群、横隔膜 です。

そこに腹斜筋など少し負荷の高い外的な要因に対して、腰を守ってくれる力が働きます。


この中で今日は多裂筋のご紹介を。

42219808_m.jpg
多裂筋(上図黒丸)は直接腰椎部(腰の骨)から仙骨、寛骨(骨盤)までくっついていますので、腰の骨が横などにズレるのを防いでくれます。
基本的には、日常生活で、何か動作を行なう以前に脳が察知をして働き、腰の骨の制御をしていますが、時にうまくスイッチが入らないことがあります。

そんな時、ぎっくり腰など腰の骨が瞬時にズレ、周辺の組織を痛め炎症を起こしていたくなってしまうのですね...
そうなったら、炎症が引くまで安静にしておくことになってしまいます...Σ(´Д`lll)エエ!!
※あまりにも痛すぎて生活に支障が出る場合は、病院などで対処しましょう
※その他対処法はありますが、こちらは専門家でないと危険ですので割愛します
※炎症期が終わったら、コンディショニングをしましょう。再発防止になります。


そうならないためにも、腰痛を普段から感じられる方は、腰痛予防に繋がるエクササイズをしていくことをお薦めします。

◆ 腰痛予防 多裂筋活性化エクササイズ




動画は、眠っている多裂筋をしっかり起こし活性化を行なうためのエクササイズです。
腰の付け根の辺りに感覚が出てきますので、筋肉が働いているかを確認していましょう。


ポイントは
・事前にお腹もゆっくり凹ませ行なうこと
・腰をいきなり反らないこと(反り過ぎも注意)
です。
・腰の背骨から遠いところ(外側)ではなく近いところに感覚がでること


こちらのエクササイズは、何回何セットという回数をこなすやり方ではなく、多裂筋が効いている感覚が抜けてしまわないように脚を動かせるようになることがポイントです。

通常日常生活では、エクササイズ時のようなずっと力を入れっぱなし(最大限)ということではありませんが、エクササイズとして行なう場合は、しっかり働かせることに意識を向けることが目的となります




ただし、現在炎症がある方、腰の骨のあたりやお尻の中心に近いところなど痛みがあって違和感を感じる場合は行わないようにしてください。
※妊婦さんはうつ伏せはNGです(一度セッションへお越しいただくことが安全です。体験あり)
※産後の場合は、腰や骨盤が緩んでいますので、一度セッションへお越しください(体験あり)

そのような方は、必ず一度セッションにお越しいただくか、遠方の方は、お近くにおススメするトレーナがいればご紹介もできますのでご相談ください。
※多裂筋活性化指導に慣れているトレーナー、治療家さんなど熟練の技術をお持ちの方をご紹介します



多裂筋はまず活性化をさせることが最初になります。
その後、持続性を高めるためのエクササイズの実施により腰痛予防に繋がります。

また腰痛予防に関しては、お腹周りのインナーマッスルを働かせること、股関節や背中周りなどの動きも関係してきますが
、次回以降また腰痛予防に繋がる記事をお伝えします^^



骨格ラインを正して、日常生活を快適にしていきましょう♪


ーーーーーーーー
骨格ラインを正すと痛み改善も美容面にも効果的

体験レッスンもあります。身体がキツイ方は、ご無理をされずにお気軽のお越しください。
お子様連れもOK! 
ご自身のお身体を労わり、快適な日常へと変化させるものへとご活用ください。


Enn 金子香織




◆骨格ボディメイク・美姿勢美脚セッション
BodyworkSalonEnnホームページはこちら>>
◆Enn主催 指導者育成セミナー
各地にて開催予定 日程の詳細はこちら>>

インスタグラムフォローお願いします!
enn.nagaoka インスタはこちら>>

フェイスブックフォローお願いします!
BodyworkSalonEnn FBページはこちら>>

〒940-2101 新潟県長岡市寺島町658 Platea.Bay303
骨格ボディメイク・美姿勢美脚 健康と美容のサロン
BodyworkSalonEnn
 info@enn-nagaoka.com
 0258-29-7305

関連記事
Posted by骨格ボディメイク BodyworkSalonEnn

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply