ウィンターグリーン

こんにちは、アロマ担当寺岡です

レインドロップで使用する精油の紹介5本目の本日は・・・

<ウィンターグリーン>です

ウインターグリーンYL
               
ウィンターグリーンは、ツツジ科の常緑樹の葉から採られたもので、鎮痙性・抗炎症性で肝臓刺激剤としての働きがあります。

主成分のサリチル酸メチルは、湿布の成分としてお馴染みなこともあり、運動後のリフレッシュにおすすめの1本


また、ミントに似たスーっとした爽やかな香りがあり、多くの製品の香り付けとして使われています。



ちなみに・・・ウィンターグリーンの葉は、アメリカインディアンによって、長距離を走るときや重労働に携わるときなどに肺活量を高めるために噛まれていたという歴史をも持っています。


次回は、筋肉の緊張やストレスを溜めやすい方の強い味方のマジョラムを紹介しますね♪



※病気を治癒させる目的ではありません。
※期待できる効果には個人差があります。


ウィンターグリーンの精油を購入する際は、生産元に注意してください。市場で販売されているウィンターグリーンのほとんどが化学的物質で増量されており、合成サリチル酸メチルが混入している可能性があります。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する