花粉症には

こんにちは、Enn寺岡です

現在の長岡は、かなり強い風が吹いてます

今日のように風が強いと気になるのが、花粉ですね
早い人では1月の下旬あたりから花粉症の症状が表れるのではないでしょうか?


私も学生の頃に3年くらい花粉症に悩まされましたが、ある年からパタリと症状がでなくなりました
花粉症は治らないとよく聞きますが、私事でいえば10年以上症状は出ていません。
特に何か薬を飲んだりしたわけではないのですが、食事には気をつかっていたような気もします・・・
おそらく、そんなこともあり体質が変化したのでしょう


もちろん、体質改善にはそれなりに期間も掛かります
なので本日は、『今、つらいのよ』という方のために、症状が出てしまった時のためのエッセンシャルオイル(シングル)を紹介します


花粉症シングル


左からシングルオイルの<ユーカリブルーラベンダーフランキンセンス>です。


ユーカリブルーは、エクアドルのアンデス山脈でユーカリシトリオドラとユーカリグログラバラスを250年にわたって交配した種です。
ユーカリの中でもユーカリプトールやαピリン・リモネンといった成分が高濃度で含まれており、そのバランスの取れた化学成分で正常な呼吸機能をサポートしてくれます。
また、空気を清浄に保つ働きもあり、クリアで爽快な香りが気分をスッキリさせてくれます。

コットンに垂らし、皮膚に直接付かないようにマスクと鼻の間に入れるのもおすすめですよ


ラベンダーは様々な心身の悩みに作用する万能エッセンシャルオイルの1つです。
1本持っていると、とっても便利
作用の1つとしては、免疫系を刺激し病原菌やアレルギーに負けない身体へ導いてくれます。
また、ラベンダーの語源はラテン語で『洗う』という意味の『ラワーレ』という説もあり、その名前の通り、心の痛みや憂いなどを洗い流して精神的なバランスをとる助けをもしてくれます。

我慢できない目のかゆみには、洗面器に冷水とラベンダーを1~3滴垂らしタオルを絞り、冷湿布を作りアイマスクに
直接エッセンシャルオイルがまぶたに触れないように、タオルを折り込んで乗せてくださいね。


フランキンセンスは、何千年も前から宗教儀式で使われており、キリスト誕生の時にもミルラと一緒に捧げられた逸話もあります。
『病気といわれるすべての治療に使った』フランキンセンスは昔、金よりも価値があったそうです。

殺菌消毒・肺・鼻やのどの粘膜を鎮静して過剰な粘液を排出する働きがあります。
樹木の甘く、その神秘的な香りには森林の空気に多いピネンやリモネンなどを多く含んでいるため深い呼吸を繰り返すことで、森林浴効果も期待できます。

また、フランキンセンスは皮膚細胞の再生を促す働きがあるので、かみすぎて赤くなった鼻や普段のスキンケアなどにも


さらに、花粉症の体質を根本から改善したいという方は、食事・睡眠・運動と
レインドロップトリートメント>がおすすめですよ


心身のバランスを整える
100%ナチュラルなエッセンシャルオイルを使用した
⇒レインドロップトリートメントモニター募集中
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する