FC2ブログ

【身体の基礎知識】弾力性のある身体づくりには

骨格ボディメイク BodyworkSalonEnn

-
こんにちは。Ennトレーナー金子香織です。
今日の午後は気持ちいい秋晴れでサロンの空一面に青空が拡がっていましたよ~^^
紅葉も綺麗なんでしょうね♪


さて今日のテーマは先日の続きから
まだご覧になっていない方はこちらをどうぞ>> 



■ 弾力性のある身体づくり

16559993_s.jpg


筋肉(その他身体の組織)の弾力性の向上には「運動」を欠かすことはできません。


身体中にある関節は、あらゆる方向へ動く関節もあれば、
一方向のみに動く関節など部位によって異なります。

関節の動きでイメージしやすいのは
曲げる⇄伸ばす でしょうか。

13282822_s.jpg

肘関節は分かりやすいですね。

関節を動かすということは、= その動作に対する筋肉が働く、ということでもあります。

上の図で言えば、肘を曲げる際に上腕二頭筋(腕の前側)が縮まり、反対側(腕の後側)の上腕三頭筋が伸ばされる
といった具合です。


筋肉は、関節をしっかり曲げれば、最も短縮し、しっかり伸ばせば、最も伸ばされます。
ただし「可動域」というものが存在しますので、ただ伸ばせば良いということでもないのですね.。


関節の動きが十分に行われていないと、その関節の動きに見合った筋肉になり
十分に動かしていれば、その動きに見合った筋肉に変わります。

つまり、関節の動きいかんで、伸び縮みできる筋肉であるかが決まるのです。


伸び縮みができる筋肉は、引っ張ったゴムが元に戻る力を発揮するかのように
柔らかい、というだけでなく、強くしなやかな筋肉でもあります。

このような筋肉の状態を弾力性のある筋肉、と言っているのですね。
そしてこればかりは、【運動】をすることで作られるものです。


日頃、あまり身体を動かさない、という方も
関節をしっかり動かすことが少ないという方も
関節の動きを引き出すエクササイズをしていくと
筋肉の質もどんどん変わっていきますのでぜひチャレンジされてみるといいかと思います。



その際は、ぜひ近くのトレーナーさんについて貰い
やり方を教わるようにしてくださいね^^

やり方を間違ってしまうと、身体を傷めることもありますので!



弾力性のある筋肉は、身体もスムーズに動きますし
美容にもとてもよいのですよ♬


骨格から整える姿勢と身体づくり
プライベートセッション・体験も行なっています。
詳細はこちらからどうぞ


◆enn トレーナーKAORI(金子香織)のブログ↓
こちらからどうぞ



関連記事
Posted by骨格ボディメイク BodyworkSalonEnn