FC2ブログ

【脚の歪み】O脚とは?XO脚とは?

骨格ボディメイク BodyworkSalonEnn

-
こんにちは。
新潟県長岡市にある
BodyworkSalonEnnトレーナーの金子香織です。

今日のお題は「脚の歪み」について。
ご自身の脚を見る指標にしてみてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆ 脚の歪みと正しい脚のライン


O脚など、脚の歪みでお悩みではありませんか?
脚が歪んでいると、見た目としては
・不格好に見える
・下半身が太く見える
・着る洋服(ボトムス)を選ぶ

機能性としては
・膝の痛みが起きる(起きやすい)
など
既に感じている方もいるかもしれませんね。


今日は正しい脚の骨格ラインと
脚の歪み(O脚、X脚、XO脚など)についての定義をご紹介します。


脚の歪み

上図を見てみましょう。
脚の歪みの見方は、両脚を揃えて(つま先はやや外向き)
自然に立った際に両脚が着く位置で判断することができます。

正常なライン(ニュートラルといいます)は両脚の
内もも、膝、ふくらはぎ、足首の4点が着いている状態を言います。
(内もも・ふくらはぎに関しては筋量・脂肪量により着かない場合がある)

X脚は、内もも、膝が着いている状態
(ふくらはぎ・足首は離れている)

O脚は、足首が着いている状態
(内もも・膝・ふくらはぎは離れている)

XO脚は、内もも、膝、足首が着いている状態
(ふくらはぎは離れている)

※全てのタイプ、内ももは脂肪量・筋量により着かない場合がある


見た目で簡単に判断する場合に、分かりやすい指標になりますので
ご自身の脚の形もぜひ鏡でチェックしてみてくださいね。



だた、こちらは一般の方でもある程度特定できる簡易的な見方でもあります。


実際には、太もも(大腿骨)とスネ(脛骨)とのかみ合わせの角度
で見ていくのですが、


多くの方の場合、かみ合わせが崩れているケースが殆どです。


脚の歪みの悩みで来られる方の場合
殆どがO脚に悩んでいますが
評価してみるとXO脚の方がとても多いのですね。


膝下がやけに横に張り出している、と
感じたら、それはXO脚の可能性大!なんですね。


具体的には、
下腿外旋症候群などということが多いのですが
太ももの骨(大腿骨)に対し、スネの骨(脛骨)が
外側に捻じれている歪みです。

進行すれば、捻じれと併せて、外側へよりズレていく歪みですので
ご自身の歪みに気づいたら、早めに改善されていくことをお薦めします。


年齢が若いうちは、関節自体が強いので、熱心にスポーツをしている
などなければ、さほど痛みなどを気にすることがないかもしれませんが

年齢と共に、関節自体も弱化して来て、歪みの進行も手伝ってか
立つ、座る、歩くなどの動作で痛みをおこしている方もいます。


私も30代前半の頃から、右膝の痛みを抱えていて
長時間歩くと炎症の痛みで休まないと歩けない状態でした。

今はなおりました。


原因は、膝の歪みがかなりあったのですね。
残念ながらビフォーがありませんが、現在の私の脚の形です。




そして、クライアントさんの脚です↓
脚の形はなおらない
と思いこんでいる方もいらっしゃると思いますが、

写真を見て頂くと分かる通り
脚の形は変えることができます。


正しい骨格ライン
ニュートラルアライメントを目指すエクササイズをすれば
身体のもとからキレイを作ることが出来るのですね。


あなたもぜひ動いて整える
骨格調整系トレーニングで機能的で美しく整った身体を手にしましょう!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
骨格から整えるボディラインづくりの提案する
パーソナルセッション専門サロンBodyworkSalonEnn
新潟県長岡市古正寺地区
サロンホームページはこちらよりどうぞ



◆金子香織がお届けする
 指導者向けコンディショニングスキル
骨から正す機能的な身体づくりをあなたのクライアントさんにも。
・1/24(金)横浜開催
①美脚セミナー
②くびれセミナー

・2/23(日)
①肩関節痛セミナー
②股関節痛セミナー
③姿勢改善のためのCoreCradle®活用セミナー

詳細は下記ページにてご確認ください
金子香織 指導者向けセミナー日程>>


関連記事
Posted by骨格ボディメイク BodyworkSalonEnn