FC2ブログ

【身体と思考の関係】嫌いという一面をみている私

骨格ボディメイク BodyworkSalonEnn

-
こんにちは
Enn金子香織です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆ 私、自分が嫌いなんです


もう本当によく、聞く言葉ですね。
自分に自信がない
自分が嫌い

女性だけではないですよ
男性の口からもお聞きします。


皆んな、
悩みがない方なんていないですね。
今は大安心の中に居る方も
悩みがあった時期もあったでしょうし

大きな悩みでなくても
小さな、例えば日常的なプチ悩みくらいは
あるでしょう。



私は、セッションでも
そのようにお話下さる方に
こんなことをお伝えすることがあります。


どんな人でも
あなたが自分に対して思っているような
残念と思う部分、卑しいと思う部分
むなしいと思う部分、汚らしいと思う部分
残酷だと思う部分、、、

を持っているんですよ、と。

と同時に
清らかな部分、美しい部分
優しい部分、労わる心を持った部分
強い正義感という部分、、、、

も持っていますよ、と。


もし
「私にはそんな部分はない、持っていない!」
という人がいたら、それは嘘ですよ、と。


私たちに見えているもの(認識している)は
「部分」であって
全てが見えているわけではないですよね。


自分にも他人にも対して見ている(認識)ところも
表に出ている一面を切り取って
自分の都合の良いように見ているんですね。

これは本人が認識しているかどうかは別です。



ということは、
僅かな一面を見て
人と比べたり、
世間に対して「自分はこうだ」と評価しても
あまり意味を成さないですよね。

だってそれは
全体の中の一部分に過ぎない、からです。


私は、他の人とは違う
と思っているかもしれませんが
(個性というものはありますし
 ヒトとしては別の個体ですが、、、)


元を辿れは、皆んな、同じです。
遡っていくと分かりますが
この世に人間が存在した(誕生)時点が
まず一緒です。
※これはスピリチュアルではありませんね、
 紛れもない事実です。



「全てはひとつ」という言い方をしますが
本当にその通りで、私という存在そのものは
例えば地球という広さから見ても、
そこに含まれる存在のひとつです。


誰一人、含まれていない人はいないですよね。


そして、
私たち人間は必ず
良いところも悪いところもあり
それらをひっくるめて「私」という存在です。


だから、誰一人として
他の誰よりも《凄い・優れている》ということはなく
全ての人が、同じものを持つ存在なんですよね。



とすれば、
自分が嫌いです
というのは
裏を返すと
自分が好きなんですよね。


みんな、自分が好きなハズです。
そのことをもう一度思い出してみましょうね^^



ボディワークとは関係ないような
こんな話をするのは

困難とか、大変とかいう時は
自分と他人をとかく「分離」したくなる傾向が
起きることがあるんですね。


私は正しい、という正義感が強く出たり
責め立てたり、、、


自分の中にもあるものを
じっくり視て、それを認識できるようになると


人を責める、なんてことは
出来なくなります。


私の中にも、たくさんの正義がありますし
悪もありますし
良いも悪いもたくさん存在していますが

今こうして思うのは
何かを否定し続けても「何も得られない」ということ。


発展性があるようで、
実は揚げ足を取るだけで
何も生まれない、と思うのですね。


きっと
これからは
人がそうゆうことに気づき、
改めていくことが大切なんだと思うのです。



ご自分の中にある存在そのものを
気づく瞬間を大切にしていきましょう。
13651055_m.jpg
 
関連記事
Posted by骨格ボディメイク BodyworkSalonEnn