FC2ブログ

40代を襲う体調不良

骨格ボディメイク BodyworkSalonEnn

-
こんにちは。
Enn金子香織です。

サロン近くの土手は桜が満開。
散り始めています。
桜の咲く時期は一瞬ですね
皆さまは、お花見されましたか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
40代を襲う体調不良
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
子供の頃、40代と聞けば、「おばさんだなぁ」
なんて他人事と思っていましたが
すっかり私もその領域。
50歳も目前まで迫ってきました。

さてそんな私の周りは当然同年齢の方が多く
そしてクライアント様も同年代の方が多く
身体の不調についてご相談を受けることがあります。

◆体調不良を襲う共通項とは。

40代といえば、そろそろホルモンバランスの
変化も気になり始め、生理機能についても変わりつつ
ある年齢層になってきますね。

そういった年齢的な変化が関与していることは
あるけれども

それ以外で見受けられる、体調不良の原因。
ご相談に乗り続けてある共通項に気づきます。

◆食事と体調不良の関係性

私たちは、食を通して身体を創り、エネルギーを産み出し
日々の活動を行っています。

食事の癖はどなたでもあるかと思いますが
大きな偏りは、身体づくり(日々の細胞再生)や
エネルギーの創造に負担になる場合があります。

私たちが口から摂取したい栄養素は
三大栄養素(糖質・脂質・タンパク質)に加えて
ビタミン・ミネラルといった三大栄養素を正しく
活動させるための栄養素です。

これらは身体の中で協調的に働き
必要な場面で必要な働きをしますが
人によって必要量は変化します。

糖質といって思い浮かぶのは
・ご飯やパン、麺類やイモ類でしょうか。
実はそこにプラスして、砂糖類(ジュース類等)含まれます。

脂質といったら
・サラダ油やオリーブオイル、その他の食用油でしょうか。
更には、お肉、お魚に含まれる油分も脂質になります。

そしてタンパク質といえば
・お肉、お魚、豆腐など豆類などでしょうか。
ボディビルダーがよく飲まれているアレ!
プロテインもタンパク質です。

ビタミン、ミネラルは野菜や果物に含まれるように
思われるかもしれませんが、海藻類や天然塩、お肉や貝類
玄米などにも含まれます。

さて、40代の体調不良に悩む方の食生活を拝見すると
ある共通点が浮かび上がります。

それは
「タンパク質不足」と答えたいようですが
※それもあります

実はそれより先に
「糖質」の摂り違え、または不足です。

ーーーーーーーーーーーーー
◆あなたは甘いもの好きですか?

●糖質の摂り違い、をしている方の場合
同じ糖質でも、砂糖類中心(お菓子やジュースなど)に
食べている状態になっており
主食とする、お米、パン類、麺類などが不足している方です。

●糖質の不足の方
一日のうち、主食が少ない状態です。

糖質とひとくくりになっていますが
その成分は、脳のエネルギーになるブドウ糖と
それ以外の糖になります。

私たちの身体は、
脳のエネルギー、そして身体の構成に必要な
ブドウ糖を欲しており、ブドウ糖に変わるのは
お米や小麦、イモ類などがメインです。

そのような糖が身体に入ってこない場合(食べてない場合)は
身体の中にあるたんぱく質(筋肉など)を壊して
脳のエネルギー源として活用します。
(これを糖新生といいます)

24時間、365日、ブドウ糖を摂り続けることは不可能なので
身体に入ってこない場合を想定して行われる糖新生という
システムは、命を繋ぐものとしてありがたいことです。

ですが、常にそれが発動している状況ですと
身体中のたんぱくを壊し続けることになるので
結果、体調は良くなるどころか、
不調になる原因にもなりうるのですね。


では、
たんぱく質をたくさん摂れば問題ないんじゃないの?
とお考えの方もいると思います。

ですが、
壊れる分のタンパク質を大量に摂るよりも
ご飯を食べて、たんぱく質を壊さないようにした方が
「体には負担が少なく」効率的であると
容易に考えられることと思います。

また、身体の作り替えには(再生)
タンパク質同様、糖(ブドウ糖)も必要な
成分なのですね。

私は、女性の生理機能の中で
「子宮内膜」についてお伝えすることがありますが
子宮内膜は肥厚(厚くなっていく)する段階で
内膜内にグリコーゲン(糖)の分泌量が増えるのですね。

子宮内膜は、妊娠した際には
赤ちゃんのベッドになりますが
妊娠に必要な栄養素であることからも
糖がとても必要な栄養素であることが伺えます。


そのため、糖(主食となるもの)は
私たちの身体、とりわけ女性にとっては
生理機能にも必要不可欠な栄養素であり
命を繋ぐ食物である、と言えます。


もしも体調不良に悩み
主食とするお米などを控えている方は
心がけて食べてみるとよいかと思います。

また、甘いものがメインで
お米を取らない方も
ご飯を食べた上でデザート、
という食べ方に替えてみてはいかがでしょう。
※お腹が満たされて(脳も)デザートが必要なくなるかも!?しれません。

そして、ご飯だけではく
タンパク質を食べることで筋肉の合成が
より効率的になり
身体づくりにとても良い働きをしてくれることと思います。

色々工夫して食べてみましょうね^^



最後までありがとうございました。


金子香織


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆姿勢から整う身体と心
骨格ラインを整えるボディコンディションサロン

新潟県長岡市古正寺地区
























関連記事
Posted by骨格ボディメイク BodyworkSalonEnn